オヤトコの編集日記 オヤトコの編集日記

3月23日付け読売新聞に掲載されました

 読売新聞の北九州版に「オヤトコ」が紹介されています。最近のニュースでは幼保一元化など言われていますが、文科省と厚労省の縦割りで具体的な進展がまだまだ見えない中、ユーザー(消費者)のほうが先を行っているような気がします。

 つまり、幼稚園では預かり保育を18時や19時までするところが多くなり、保育園と変わらないなってきているということです。働く親でも、例えば、幼稚園は園バスがあるので、実家の前まで子どもを送ってもらえるというのも、車の運転が心配になってくるおじいちゃんおばあちゃんにお世話になっている人には、保育園よりも幼稚園のほうが通いやすいということになります。

 保護者が専業主婦であっても、お出かけしたい時に時間にしばられることなく、時には夕方まで利用できるのは、ありがたい保育サービスだそうです。

 現在ある資源を使って、どう働きやすく楽しい毎日にしていくか、それを提案するのが、オヤトコの役割のひとつでもあるのかなと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oyatoko.net/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/21

オヤトコ
ページの上へ