ドクターが通うかかりつけ医リレー ドクターが通うかかりつけ医リレー

やすなが整形外科

 今回は、守永歯科の守永先生のご家族のかかりつけのやすなが整形外科の安永英樹先生にお話を伺いました。守永歯科とやすなが整形外科は徒歩3分程度の距離ということもあって、かかりつけ医にしているとのことでした。2009年7月の開業で、まだ新しさを感じるクリニックです。



やすなが整形外科の写真
気さくで話しやすい安永先生。
Q:ここのクリニックの特徴を教えてください。
建物やロゴを見ていただいた印象のとおり、当院は、「和」の心を大切にしています。待合室に畳のベンチを置いてますし、診察室に入るところに小倉織ののれんがあるのも珍しいと思います。外見にこだわっているのではなく、「和」の醸し出す雰囲気が、患者さんの痛みや辛さを緩和するのではないかと。また、当院では、麻酔科医である妻が、ペインクリニックを担当しています。痛みは、なかなかすぐにとれない場合もありますが、痛みを和らげながら、快適な生活を送っていただきたいと思っています。痛みが続いてつらい方は、火、金、土にご来院いただいてご相談ください。また、アロマセラピーを治療の中で取り入れているのも特徴です。筋肉のコリをほぐしたり、肩こりの治療やリハビリの一環として実施しています。アロマセラピーだけというのは、行っておりませんが、治療の中で、ご希望があれば取り入れています。
Q:夕方以降の予約は何時まで可能ですか?
予約制ではありませんので、随時ご来院くださって結構です。
Q:土曜は多いですか?
いつもより多くなる傾向があります。お子さんの学校やお仕事の都合で、どうしても土曜にしか通院できないという方もいらっしゃいますよね。うちも共働きなので、ご事情はよくわかります。
Q:小さい子ども連れでも大人の診療は可能ですか?
当院は、バリアフリーでもあるので、お子さんが歩いたりしても危険は少ないと思います。また、スタッフの中で8名が母親ですので、お子様への対応も慣れていますよ。
Q:良いクリニック、ドクターの見分け方を教えてください。
きちんと説明をしてくれるドクターだと思います。特に、検査をする際に、どんな検査なのか、検査が必要な理由、検査をする目的、検査結果をわかりやすく説明してくれるかどうかが目安になるのではないでしょうか。また、整形外科の場合、痛いところだけを診るのではなく、身体全体をトータルで診ることが重要です。たとえば、痛みがあるのは足なのだけれども、痛みの根本を探ると実は腰からきている痛みだった、というようなことが診察からわかることもあるのです。こういった場合、足に湿布をしたり、痛いところだけの対処をしていても痛みはすっきりとれません。きちんと痛みの原因となっている腰を治療することが必要になってくるわけです。
Q:子育ての中で親が注意してあげられることはなんですか?
スポーツのやりすぎで体をこわしてしまう子どもが近年増えてきています。適度に運動することは成長にとって大切なことですが、特定の動作を繰り返すと、局所的な筋肉や関節だけを使うことになり、負荷がかかってしまいます。適度かどうかの目安は、「どこかに痛みがあるかどうか」です。日常生活の中で、痛みを感じるのであれば、それは体がSOSを出しているということです。一度、受診してみてください。
Q:その他にお伝えしたいことは?
スポーツ医学が専門です。国体の福岡県代表選手の帯同ドクターや北九州のフットサルチーム(ボルク北九州)のドクターなども務めています。スポーツでのケガやお子さんのスポーツに関することなど、私自身も2児のパパなので、気軽にお話ししていただけると思います。
やすなが整形外科
http://yasunaga-seikeigeka.com/

〒803-0841 小倉北区清水3-6-16
電話:093-562-8011

診療時間
月曜から木曜:8時45分~18時
金曜:8時45分~12時30分
土曜:8時45分~16時

痛みの相談と診療
火曜:9時~16時30分
金曜:9時~12時30分

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oyatoko.net/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/52

オヤトコ
ページの上へ