ドクターが通うかかりつけ医リレー ドクターが通うかかりつけ医リレー

おさき内科・呼吸器科クリニック

村田先生のかかりつけのおさき内科・呼吸器科クリニックの尾崎先生にお話を伺いました。写真からもお人柄がわかるくらい、ふんわりとしたやわらかい雰囲気の先生です。娘さん3人(中1、小5、年長)のパパでもいらっしゃいます。リビングでは、にぎやかな会話が寝るまで続いているそうです。
おさき内科・呼吸器科クリニックの写真
ほがらかなお人柄がにじみます
Q:ここのクリニックの特徴を教えてください。
呼吸器科の専門医として、咳・痰などの症状をはじめ、ぜんそくや気管支・肺などの疾患を主に診療しています。そのため、クリニックでは数少ないCTも備えています。また、加圧トレーニングにおいては、加圧トレーニング本部の北九州市統括指導者として、先駆的に活動しています。筋力アップ・ダイエットのほか、脳梗塞後のリハビリ・ねたきり予防、糖尿病の運動療法などにも取り入れています。
Q:夕方以降の予約は何時まで可能ですか?
予約制ではありませんが、月曜と木曜は18時まで、火曜と金曜は19時まで受付しています。仕事帰りや保育園の後にも間に合う時間ではないかと思います。
Q:土曜は多いですか?
土曜は、午前中のみなので、比較的多いようです。
Q:小さい子ども連れでも大人の診療は可能ですか?
おむつ替えスペースを完備しております。キッズスペースもあるので、遊びながらお待ちいただけます。また、授乳が必要な方には、奥の部屋をお使いいただけるようにしておりますので、お気軽にスタッフにお声かけいただけたらと思います。
Q:良いクリニック、ドクターの見分け方を教えてください。
 専門性があることもひとつの基準になるかと思います。また、なにか質問した時に、納得のいく回答が得られるかどうか、ということも参考になるでしょう。そして必要な時には、専門の先生を紹介してくださるような、そんなドクターが信頼できるのではないでしょうか。最近では、セカンドオピニオンも珍しくなくなっています。「他の先生の意見を聞いてみたい」と言ったときに、怒ったり反感を持つことなく、ぜひそうされてみるといいと歓迎してくれるかどうかも重要ですね。
Q:子育ての中で親が注意してあげられることはなんですか?
もし喫煙しているならば、子どものために、禁煙にチャレンジしてほしいですね。今は、保険もききますし、いい薬もありますので、まずは3カ月頑張ってもらいたいですね。たばこの影響は、吸っている本人もさることながら、周りの人にも影響が大きく、たとえば子供の呼吸器などへの影響のほか、乳児突然死症候群を引き起こすとの結果もあります。お子さんのためにもがんばってみませんか?
Q:その他にお伝えしたいことは?
 処方した薬が同じでも、人によって効果や副作用の出方・強さが異なりますので、薬を飲んでみてどうだったかということを教えてもらいたいですね。特にアレルギー関係の薬は、個人差が出やすいので、注意が必要です。副作用がでる、あるいは、これは副作用によるものかなあと思うことがあれば、遠慮なくおっしゃってくださいね。
■おさき内科・呼吸器科クリニック
北九州市小倉北区江南町2番26-101号
電話:093-932-1102

<診療時間>
月、木 9時~13時、14時30分~18時
火、金 9時~13時、14時30分~19時
水 8時45分~11時45分
土 9時~13時

<休診日>
日曜・祝日

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oyatoko.net/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/101

オヤトコ
ページの上へ