知っててよかった 知っててよかった

【おすすめ】家庭教育学級に大好評のプログラム

北九州市内の小中学校で開催されている家庭教育学級。学校単位で1年に数回開催されています。オヤトコから、おすすめのプログラムのご紹介です。いずれも家庭教育学級やPTAの予算内の講師料で依頼可能です。ご興味のあるものがありましたら、オヤトコ事務局までメール(oyatoko@oyatoko.net)にてお問い合わせください。追って、ご連絡差し上げます。

■「子どものゲーム・テレビ・ケータイ・ネットとの上手なつきあい方」
講師:NPO子どもとメディア 公式インストラクター (県内に30名在籍)

子どもとゲームやテレビについて、家庭でどのようにルールを作っていけばよいのか、わかりやすくお話します。また、ケータイを持たせる前に親子で約束しておきたいことや決めておきたいルール、最近のトラブル事例などを踏まえ、子どもとケータイ・ネットとのつきあい方をお伝えします。
現在、福岡県内小中学校にて、規範教育の一環として授業を行っている公式インストラクターが講師を努めます。

■アメリカ生まれの「スクラップブッキング」
講師:山下知美 (サクラクレパス「メモラビリアート」認定講師)

スクラップブッキングとは、アメリカで始まった写真を使ったクラフトです。アメリカでは、子供の写真の保存方法としてスクラップブッキングでのアルバム作りが一般的になりつつあります。こんなに親しまれているスクラップブッキングの魅力の一つとして【子供へのメッセージ】をアルバムのページに込めるという作業があります。写真には物語りがあります。その時の様子を「アルバム」に書き留めるだけでは無くやがて大きくなった子供達に、深い愛をもって育ててきた事を、一緒に書きとめてください。やがて、子供がアルバムを見返した時、親から受けた愛を知り、良好な親子関係を築くことができると思っています。
  
ただ写真をアルバムに貼るだけでは無く、親の愛を込めた1ページを作るのがスクラップブッキングです。

講師料のほか材料費(500円~1000円)が必要です。
500円のサンプル↓
500en.jpg

1000円のサンプル↓
1000en.jpg

■「季節の花あしらい教室」
講師:松本久恵

プリザーブドフラワーや季節の花のアレンジメントで、心おだやかになる講座です。
市民センターなどでの講座のほか、小学2年生の子どもたちにも花あしらいの授業を行っています。
材料費は、ご相談ください。
お花をスポンジにさしていくと、こんな感じ。↓出来上がりイメージです。

flowercake2.jpg


■「子どもの可能性が伸びるコミュニケーション」
講師 本山晴子 (CTI認定コーアクティブコーチ) 

子どもの可能性をぐーんと伸ばす親の関わり方をお伝えします。
・自分で考える子ども
・自分が大好きだと思える子ども
・広い視野を持つ子ども
・チャレンジできる子ども
・想像力の豊かな子ども
お子さんとの会話力がアップする誰でも今すぐできる親子会話術を学びます。


■心の癒しと自分磨きの「ママセラピー」
講師 ママセラピスト (市内に18名在籍)

子育てや家事、仕事に忙しいお母さん(お父さんも可)が、ふと立ち止まって意識の矢印を自分の心に向け、自分自身のことを考えるプログラムです。自然に会話が生まれる工夫をするので、終わるころには、「はじめて話した感じがしなかった」と言われることも多く、保護者間の顔合わせや仲間づくりに最適です。楽しい会話をしながら、コミュニケーション術も身につけられる体験型のプログラムです。

講座の様子↓
mama3.jpg


■「笑顔のコーチング」
講師 NPOハロードリーム 認定ファシリテーター

全国で多数開催されているNPOハロードリームによる笑顔をテーマにしたワークショップです。笑顔の種類や笑顔になるとっておきの方法などお伝えします。ママもパパも子どもも素敵な笑顔になること間違いなしです。


■「夫婦のためのワークショップ」
講師 NPOファミリーツリー ワークショップリーダー

夫婦で参加できる全国でもめずらしいワークショップです。2時間講座、半日講座、1日講座の設定が可能です。夫婦仲が劇的に変化すること間違いなし!家族の力を育てるNPOファミリーツリーの一押しワークショッププログラムです。そのほか、パパだけの講座、親子キャンプなども実施可能です。


★専門家としてご活躍の講師の皆様へ
オヤトコでは、良質な講座のご紹介をしております。実績のある講師の方、オヤトコ事務局(oyatoko@oyatoko.net)までご連絡ください。掲載は無料です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oyatoko.net/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/115

オヤトコ
ページの上へ